花田先生が人工抗体ライブラリーにとても興味を持っていたので直接お会いし、GSPの会社概要と私たちの活動について話をしました。

花田先生は植物の研究をされており、その植物の詳しい構造を調べたいということで自社の人口抗体ライブラリーの1つである検出用抗体を使ってこれから研究をしていく予定です。

花田先生の話によると人工抗体に興味がある、欲している知り合いはたくさんいるとのことなのでその方たちにも今後アプローチかけて共同研究先を増やしていきたいです。

上は会議中の写真です。

奥の二人が九工大の先生で左が小田部先生、右が花田先生です。