さくらフォレストPJの活動が停滞気味だったため、これからの活動方針の相談をしに岡部会長のところへ伺いました。その際、さくらフォレスト独自の感謝の朝礼にも参加しました。なぜ感謝の朝礼があるのか?という疑問に対して会長は、『社会人=楽しくなさそう』というイメージにとらわれない会社を作るために感謝の朝礼をして楽しく仕事ができる環境を整えていると答えていただきました。

このことから、クリエイティブな考え方が楽しく物事を進めていくためには大切な考え方だと思いました。このことを常に思い出しながらこれから活動していこうと思います。