このセミナーでは、シンガポール、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インドネシア、台湾、タイの7つの国の日本食についてのニーズや現状を詳しく知ることができ、日本食レストランの状況を知ることができました。

また、訪日外国人の数が増えていることを再確認することができ、日本に来る目的が、日本食を食べたいからという理由が一位ということを知り、日本食の需要はあるということを再確認することができました。

この日本食セミナーに参加したことで、それぞれの国で人気の日本食レストランの食材、従業員の構成、なぜ人気なのか、メニュー、金額、アルバイトの雇用基準が参考になるという事を感じました。

やはり海外の日本食の定着には、日本人の存在が必要であるということが分かりました。

海外展開する上で参考にしたい点がたくさん見つかり、とても参考になったので、プロジェクト活動にもつなげていきたいと思います!