学生役員

カテゴリー 学生役員  
名前 榎田ほのか
役職・所属

福岡大学経済学部産業経済学科4回生
Breakthrough2014 運営チーム プロジェクト統括
2013年 メモリードたこ焼き リーダー

メッセージ

Breakthrough2014のプロジェクト統括を担当することになりました。福岡大学4年の榎田ほのかです。

私は今年でbreakthroughに関わって3年目になります。

何も分からなかったけど、精一杯動いて本気になる楽しさを知った1年目。

リーダーという立場になり、周りを巻き込んで活動することを学んだ2年目。

この2年間の経験を活かして、3年目、そして学生最後としての活動を楽しんでいきます。

昨年までの2年間のリーダー会と違うのは、リーダー経験者が担当をすることだと思います。

同じ思いをしたことがあるからこそ、言えることや相談しやすい環境を作れると私は信じています。

リーダーというのは本当に大変な仕事ですが、楽しむことを知ったら一気に成長することができると思います。

私は昨年リーダーとして、ただがむしゃらになってメンバーとコミュニケーションをとって活動をしていました。12月のコンテストで優勝したときのメンバーの喜んでいる顔や3月のコンテストの後のみんなから感謝の言葉をもらったときの嬉しさは今でも忘れません。この9ヶ月でできた信頼関係は今後も続く大切なものです。

自分やメンバーの9ヶ月という長い時間を今までにない最高の時間になってほしい。そうなるように代表、副代表と協力して、プロジェクトの向上を目指します。

 

今後もよろしくお願い致します。

カテゴリー 学生役員  
名前 田崎洋平
役職・所属

福岡大学経済学部産業経済学科 卒
2013年 Breakthrough2013 学生代表

メッセージ

こんにちは
2013年度Breakthrough代表の田﨑洋平です。

私は4年間長崎の実家を離れ、福岡大学経済学部に通学しました。

みなさん知っていますか?
私立大学の文系では、一人暮らしするのに、4年間約一千万の学費(生活費込み)が必要になるそうです。
私は両親に約一千万もの学費を投資して頂いた事になります。
それだけのお金があれば、両親は美味しい物も食べれます。
海外旅行もできるし、車だって買えます。
それらの事と引き換えに私たちは大学に行かせてもらっています。
Breakthroughを始める前の私は、両親に対して自慢できる学生生活を送っていませんでした。
しかし、Breakthroughを通して大学に行くことの意味。
そして大学生活の中で確かに学んだモノがあります。

そんな私がBreakthroughを通して後輩に伝えたい3つの想いがあります。

「感謝すること」
大学に通学出来るのは両親のお陰。
プロジェクト活動が出来るのは、共に活動する企業のお陰。
コンテストが出来るのはそれを運営する人達がいるから。
私たちがBreakthroughを通して多くの事を学べるのは、誰かがそれを支えてくれているからです。
当たり前と思っている裏側には必ずそれを支えてくれている人がいます。
それに気づき、感謝することを忘れないで欲しいです。

「留学生就職をサポートしたい」
Breakthroughでは留学生の就職支援が一つの目的となっております。
しかし初めから参加者全員にこの思いを抱いてもらうのは難しいです。
私自身プロジェクト活動を一年間通して一緒に活動してきた留学生と信頼関係を築きました。
中国へ海外調査に行った時は留学生に助けられました。
信頼関係を築いた留学生が日本で就職を望むなら、どうにかしてあげたいと心から思うようになりました。

「自分のやりたい事を見つける」

活動を通して一年間で300枚近くの名刺交換をしました。
たくさんの社会人、経営者と出会う事が出来ました。
普通の大学生では聞く事の出来ない様な300人の話を聞きました
今までの価値観や視野が大きく広がり、自分がこれから何をしていきたいのか、見つける事が出来ました。
単位があるわけでもなく、お金がもらえるわけでもありませんでした。
自分自信を成長させたいという個人的な思いだけでの活動です。

活動から逃げたくなるのに、これ以上ないほどの言い訳があります。
だからこそ、この苦境を学生の立場で乗り切れたらとても価値があると思います
そこで得た価値観や視野の中から本当に自分が何をしたいのか、みつけてほしいです。

カテゴリー 学生役員  
名前 寺原 駿平
役職・所属

福岡大学経済学部経済学科3回生
Breakthrough2014 学生代表

メッセージ

今年度、Breakthrough学生代表を務めさせていただく、福岡大学の寺原駿平です。
私がBreakthroughに参加して今年で3年目。昨年度までは、一プロジェクトのリーダーとして、プロジェクト活動に全力を尽くしてきました。企業の問題発見を行い、学生・留学生の新たな視点でその問題を解決するPBL型の活動は、そう簡単なものではありませんでしたが、たくさんの社会人の方、先輩方、そしてプロジェクトメンバーに支えられ、テーマ先企業を実際に中国進出へ導くことができました。このBreakthroughを通して、普通の大学生では経験できないようなことを、たくさん経験させていただきました。今年度は、このBreakthroughの学生代表を勤めます。2年間支えてくれたたくさんの方々へ恩返しできるよう、代表としてさらにこのBreakthroughを飛躍させて行きたいと考えています。1年間よろしくお願い致します。

カテゴリー 学生役員  
名前 堤 淳史
役職・所属

福岡大学経済学部産業経済学科3回生
Breakthrough2014 学生副代表

メッセージ

Breakthrough2014の副代表をさせていただくことになりました、福岡大学三年、堤淳史です。
私は昨年、阿比留先生よりこのBreakthroughを紹介いただき、一員として、活動して来ました。
昨年はメモリードチームのメンバーとして活動して来ましたので、リーダー等の経験も何もなく、今年いきなり学生副代表をさせていただくことになりました。
周りのメンバーよりも経験や知識で劣っている部分さえもあるとは思いますが、代表を支え、メンバーをまとめる立場として精一杯一年間やり抜きます!
よろしくお願いします。

カテゴリー 学生役員  
名前 山野 成範
役職・所属

Breakthrough2012 学生代表

メッセージ

現在準備中