2014メモリードお土産プロジェクト

企業ロゴ  
テーマ企業名
活動分類
プロジェクトの期間
企業代表者
企業担当者

プロジェクト活動内容

私たちメモリードお土産プロジェクトは日本人学生13人、留学生1人で活動しています。
今年度のテーマは将来的なビジョンとしてお土産雑誌を販売するための第一歩として雑誌を一冊作成することです。現在、雑誌に掲載するお土産やお店の情報を集めています。最終的には取材に行って写真を撮り、レイアウトを作成するところまで私たち学生が行おうと思っています。ところで、なぜお土産なのでしょうか?北海道を例として挙げますと、北海道のお土産文化は盛んであり、有名なものが多いですよね。それは、北海道でしか買えないお土産が多く、なおかつ、北海道に行ってまで欲しいと思うくらい魅力的なものがあるからだと思います。逆に、九州のお土産は有名なものですと博多通りもんであったり、長崎カステラだったり、有名なものはもうすでに定番で、ありきたりなものが多く、どこの空港に行っても普通に売られているなど北海道に比べてお土産の文化は発達していません。そこで、私たち学生が九州のあっと驚くお土産を探しだし、たくさんの人に九州のお土産を知っていただきたいと思っています。